携帯対応ネット予約システムは489のヨッちゃん

利用規約

アタックス株式会社(以下「甲」という)が運営する予約システム『489のヨッちゃん』及びその他の付加サービス(以下「本サービス」という)をご利用いただく全てのお客様(以下「乙」という)は本規約に同意し申込みをしたものとみなします。

第1条 (規約の変更)
甲は、乙の承諾を得ること無く本規約を変更できるものとします。
規約が変更された後のサービスに係る料金その他の条件は、変更後の規約によるものとします。
なお、甲は乙の不利益となりうる規約の変更は1ヶ月前に、それ以外の規約の変更についても一定の予告期間をもって、甲が適切と判断する方法(電子メールでの通知等の方法を含む)によって事前に通知あるいは告知するものとします。

第2条(利用権譲渡の禁止)
別途格別な合意がある場合を除き、乙は「本サービス」の利用に関する権利を第三者に譲渡もしくは売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。

第3条 (利用契約の成立)
1. 甲は本サービスの利用の申込を受けるにあたり、必要な事項を記載した申込書を受け取り、必要な審査・手続き等を経た上で利用申込を受付けるものとします。
2. 利用契約は、乙からの申込書について甲がこれを承諾したときに成立するものとします。
3. 甲は、乙が次の各号に該当する場合には、本サービスの利用の申込を承諾しないことがあります。
(1)当該申込に係る契約上の義務を怠るおそれがあると甲が判断したとき。
(2)甲の利用申込書に虚偽の事実を記載したとき。
(3)前各号のほか、甲が利用契約の締結を適当でないと判断したとき。

第4条 (サービスの開始)
1. 本サービスの利用契約が成立した後、本サービスの開始にあたっては、甲は乙に対してサービスの開始日、申込内容等を明記した確認内容及び必要なID、パスワードを文書又は電子メール等で通知します。
2. 乙は本条第1項の通知をもってサービス提供内容を確認したものとし、サービス開始日以降、甲の定める方法により、利用料金を支払うこととします。

第5条 (乙の変更届け)
乙は、名称、住所又は代表者を変更したときは、甲に対しその旨を遅滞なく書面により通知するものとします。

第6条 (サービスの終了)
1.甲は、本サービスを終了する場合があります。
2.本サービスを終了するときは、終了する1か月前までにその旨を通知あるいは告知するものとします。

第7条 (サービスの停止)
甲は、乙が次の各号のいずれかに該当するときは、期間を定めて本サービスの提供を停止することができるものとします。
(1)本サービス利用料金、割増料金又は遅延損害金等を、支払期日を経過しても支払わないとき。
(2)申込にあたっての虚偽の事項を記載したことが判明したとき。
(3)この規約及び個別の契約に違反する行為で、甲の業務の遂行に支障を及ぼし、又は及ぼすおそれのある行為をしたとき。
(4)乙が仮差押、差押、破産、民事再生法、会社更生法、会社整理等の申立をし、またはこれを受けたとき。
(5)料金支払方法等に変更があり、変更した支払方法に必要な契約者情報が確認できないとき。
(6)その他、甲が不適切と判断するとき。

第8条 (サービスの中止)
1.甲は次に該当する場合には、甲の判断により乙に事前に連絡することなく、「本サービス」の運用の全部または一部を停止することができるものとします。
(1)天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、「電気通信事業法」第8条にさだめる処置を取る場合。
(2)上記(1)の法律上の要請の如何に拘らず、天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがある場合。
(3)電気通信設備の保守上または工事上やむを得ない事由が生じた場合。
(4)電気通信設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合。
(5)法令による規制、司法命令等が適用された場合。
(6)当社と電気通信設備の契約変更の場合。
(7)本サービスのシステム定期保守または緊急保守を行う場合。
2.甲は前項に基づく「本サービス」の提供の中止によって生じた乙の損害につき一切責任を負いません。

第9条 (利用料金)
1.乙が甲に支払うべき金額は、サービス利用料金の他、当該料金支払に対して課される消費税相当額を加算した額(以下、「料金」といいます。)とします。尚、本サービスの利用料金額は、別途定めるとおりとします。
2.物価または甲の施設に係る維持管理運営費の変動により、甲が本サービスの利用料金を不相当と認めるに至った時は、乙の承諾なく利用料金を変更することができるものとします。ただし、変更後の利用料金は次回契約更新時より適用するものとします。

第10条 (乙の支払義務)
1. 乙は、甲に対し、本サービスの利用に関し前条に規定した各費用をサービス種別毎に甲の指定する方法で支払うものとします。
2. 第7条(サービスの停止)の規定により、本サービスの提供が停止された場合における当該停止の期間の料金算出については、当該サービスの提供があったものとして取り扱うものとします。
3. 乙は本サービスの料金等の支払を遅延した場合は、遅延期間につき利用料金等へ年率10%の割合で算出した遅延損害金を加算し甲に支払うものとします。

第11条 (責任の帰属)
1. 乙は本サービスにおける一切の行為及びその結果について、当該行為を自己でなしたか否かを問わず、一切の責任を負うものとします。
2. 甲は乙が本サービス内に登録したデータ等につき、何らの保証もいたしません。

第12条 (アカウントの管理)
1. 甲が乙に付与するID及びパスワードについては乙が管理責任を負うものとします。
2. 乙は、ID又はパスワードを第三者に利用させてはならず、ID又はパスワードが第三者に利用されたことに起因する損害に対し、甲は一切の責任を負いません。

第13条 (機密事項)
甲乙両者は、本契約に関連して知りえた相互の営業上、及び技術上の機密情報を第三者に漏洩してはなりません。
但し、相手側から開示を受けた情報がその開示の時点で既に公知となっていることを証明した場合にはこの限りではありません。

第14条 (禁止行為)
乙は、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはなりません。
(1)各種の法令に違反し、または違反するおそれのある行為。
(2)甲または第三者を中傷し、またはその名誉、信用、プライバシー等の人格的権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為。
(3)個人情報その他第三者に関する情報を偽りその他不正な手段を用い収集、取得する行為、あるいはそれに類似する行為。
(4)個人情報を本人の同意なく違法に第三者に開示、提供する行為、またはそれに類似する行為。
(5)甲あるいは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為。
(6)わいせつ、児童売春、児童虐待にあたるコンテンツを発信する行為、あるいはそれに類似する行為。

第15条 (契約の解除)
1. 甲は、第7条(サービスの停止)の各号のいずれかに該当した場合、同条に定める提供の停止を行うとともに、直ちに利用契約を解除することができるものとします。
2. 乙が利用契約の解除を希望する場合は、甲に解約希望日の1ヶ月前までに通知することによって契約を解除することができます。
3. 契約を解除した場合であっても、甲は乙より受領した利用料金その他の返還は一切行いません。
4. 契約の解除の場合、当該時点において発生している利用料金その他の債務の履行について、乙は甲の請求に従うものとします。

第16条(免責)
甲の免責事項は、次のとおりとします。
(1)利用者と利用者の顧客との間の金銭上その他一切の紛争。
(2)保管情報の紛失、破壊、漏洩その他保管に関する損失、損害。
(3)本サービスの解約、あるいは利用停止による損失、損害。
(4)当社が提供した情報に基づき利用者が行った結果の損失、損害。
(5)対象設備の部品の摩耗、障害によるサーバー等の停止及びそれに伴う損失、損害。
(6)当社の本サービス、又は本サービス以外の利用によって生じた損失、損害。
(7)当社以外の第三者、または他の利用者の行為によって生じた損失、損害。
(8)利用者及び利用者の顧客からの問い合わせに対し、回答もしくは回答しなかった事により生じた損失、損害、または問い合わせできなかったことによる損失、損害。


附則 2010年 1月 8日改定

    
ネット予約試用申込み